Apple Watch

【検証】サウナに入るとき"Apple Watch"は外すべきか?

こんにちは、モロケンです。

僕は毎日ジムに通いサウナに入っています。
そのとき、Apple Watchを外すべきかいつも悩んでいました。

そこで、実際に数回Apple Watchをつけたままサウナに入って挙動を確認しました。
驚きの結果は…!?

【環境】
・Apple Watch シリーズ3
・サウナ(90度)

Apple Watchをサウナで使うメリット

Apple Watchをサウナで使えれば、

  1. 心拍数の上がり下がりを計測できる
  2. サウナを出るタイミングをタイマーで設定できる
  3. Apple Watchのアプリで暇つぶしができる

など、メリットは大きいです。

特に、2つ目の「タイマー設定」は便利かと思います。

自分は約10分を目安にサウナから出ます。
しかし目を閉じているので、サウナの時計を確認できません。
(目を閉じているのはコンタクトが乾くからです笑)

もしタイマーで「ブルッブル」と、出るタイミングをApple Watchが教えてくれれば…。
目を閉じて自分の世界に集中することができます。

Appleの公式見解

Appleの見解によると、サウナでApple Watchをつけることは推奨していません。

Apple Watch は、環境温度が 32℉ 〜 95℉ (0℃ 〜 35℃) のときに最も安定して動作するように設計されています。また、保管に適した環境温度は -4℉ 〜 113℉ (-20℃ 〜 45℃) です。

Apple Watch の状態を動作可能温度の範囲内に保つ

よって、Apple Watchでサウナに入って壊れてもサポートは期待できません。
つまり、自己責任で判断してください。

サウナにApple Watchをつけたまま入ったら…

いよいよ、検証結果です。

合計5~6回、Applw Watchをつけてサウナに約10分入りました。

結果は、問題なく使える(一回だけ再起動がかかりました)。

しかしApple Watchにサウナから出た後、触ってみるとかなり熱を帯びていました。

そのため、Apple Watchをつけてサウナに入っても高確率で問題は生じませんが、
壊れたとしても自己責任でお願いします。

自分の考えとしては、
Apple Watchに重要なデータが入っていることはないので、
壊れたとしても1万8千円(シリーズ3)払ってもう一度、買えばいいかと思っています。

サウナでApple Watchを使えるメリットがリスクを上回るという判断です。

以上、参考になりましたら、幸いです。

\この記事はいかがでしたか?/

© 2020 Lazy Geek